« フランスの初夏 | トップページ | 雷雨の損害 »

2008.06.29

野に咲く花たち

Fleurs_a

  フランスの日没は午後10時ごろ。今は9時20分ですがたくさんの人たちがのんびりと散歩しています。これから美しい夕焼けが始まるからです。気温は24度。すっかり夏になりました。澄み切った空気を胸いっぱいに吸い込んでみんな穏やかな顔をしています。
Fleur_b

  今日は土曜日。朝市で買い物をしました。それから森の散策に出かけましたが、野原には名前も知らない可憐な花々が咲いています。その名前を知りたくて、花と動物の小さな本も買いました。道端の低木をよくながめるとそれらはMyrtile ミルティーユ(スノキ)の木でした。そしてよく見るとブルーの実もなっているではありませんか!朝市でも売っていたのですがまだ値段が高かったので買うのを見合わせ、ジャムで我慢していたところでした。
Myrtile
  野生の実をつみながら、一粒づつ口のなかに入れます。小さな野いちごの実もつまみぐい。思いがけずおいしい散策となりました。自然の恵みに感謝!そのまま食べていたのですが、最後はアイスクリームと一緒にいただきました。

|

« フランスの初夏 | トップページ | 雷雨の損害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/41677941

この記事へのトラックバック一覧です: 野に咲く花たち:

« フランスの初夏 | トップページ | 雷雨の損害 »