« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008.12.31

無料でフランス語のスペルチェックをする方法

Open_office_fr
  これまでにも日本人の友人たちとフランス語のスペルチェックをできないかといろいろ試みた。たとえばWord ワードなら Proofing Toolsを購入するか、フランス語あるいは英語版のWord ワードに変更する方法はあった。そんな時友人が教えてくれた方法で、日本語版のWordに手を加えるとスペルチェックができるようになった。だが喜んだのもつかのまのこと。パソコンのエラーとして自動訂正され結局もとにもどってしまった。

  このところ日本語をフランス語に翻訳する仕事をしていたので、ほかにスペルチェックできる方法がないかと探してみた。すると、無料で簡単にスペルチェックできる方法があった。これには大感激。さてそのやり方だが、具体的にはOpenOffice.orgのWriterを使用する。この名前、聞いたことのない人が多いだろう。私も2か月ほど前、たまたまその存在を知ってダウンロードした。オープンソースの統合オフィスソフトだ。

オープンオフィスは、本当の名前をOpenOffice.org (オープンオフィス ドット オルグ)といいます。
オフィスや家庭でよくつかうワープロや表計算などをひとつにまとめたソフトです。
あなたのパソコンにも、ワードやエクセルといったアプリケーションが入っていますよネ?
オープンオフィスは、それと同じような役割のソフトです。
その上、無償で入手できて、誰でも自由に利用できます!

  Openoffice.org2.4のWriterはWord 2003とほとんど同じ感覚で使用できる。新たにOpenoffice.org3.0にアップロード。スペルチェックするにはツール、オプションで言語をフランス語にする。(クリックで拡大)。ただし単語のスペルチェックはできるが、女性形、男性形、または複数のチェックもれもたまにあるので、注意が必要だ。

  またOpenoffice.orgのWriterはデータをPDFでエクスポートすることもできる。こんなに高機能でしかも無料。今年購入したデスクトップパソコンはオーダーだったので、Microsoft Office 2007 Personalを購入したのだが、Openoffice.orgがあれば十分代用できる。

    <更新情報>

  フランス語のスペルチェックをする方法 その2を2013.08.23にエントリー。無料でフランス語のスペルチェックできます。

  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.12.28

今年の漢字

  毎年12月12日「漢字の日」に財団法人日本漢字能力検定協会が発表している今年の漢字。2008年は「変」だった。

政治の変:日本の首相の交代、アメリカの次期大統領の「change(変革)」。
経済の変:世界的な金融情勢の変動。株価暴落や円高ドル安などの大幅変動。
生活の変:食の安全性に対する意識の変化。物価の上昇による生活の変化。
気候の変:世界的規模の気候異変による、地球温暖化問題の深刻化。地震やゲリラ豪雨などの天変地異。
未来に向けた変:スポーツや科学の分野での日本人の活躍に時代のいい変化が。
来年はいい年に変えていきたい。

  数日前、某新聞社の記者から「漢字をひと文字選んでください」と頼まれた。そこでしばらく考えて選んだのは「値(あたい)」だ。たとえば絵画の価格を考えてみてほしい。オークションで一枚の絵画に数億円の価格がつくことがあるが、それを描いた画家は裕福だったとは限らない。絵の具代にも困っていたなどという逸話もたくさん残っている。

  またテレビ東京の開運!なんでも鑑定団をよく見ているのだが、お宝と信じていた「値」とは異なる鑑定結果がでて落胆する出演者が案外多いものだ。物にはそれぞれが持つ本来の「値」がある。価格が高かろうが安かろうが、そんなことは関係ない。ブルターニュの海岸で拾った小さな黄色いまき貝。瓶につめて大切に持ち帰った。私にとってはかけがえのない宝物だ。もし誰かが買いたいと言ってもゆずる気はない。他人のつけた価格にまどわされて一喜一憂するのではなく、自分の目でしっかりと「値」を見極めたいものだ。


  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.24

Joyeux Noël en 2008 メリー・クリスマス

Noel2008
   ロワール川のほとり、Tours トゥールから約20kmの場所にあるChâteau de Noizay ノワゼー城。現在はレストランとホテルとして営業しています。取材におとずれるとクリスマス・ツリーとキリスト生誕の様子を再現したとても美しいCrèche クレッシュ(クリックで拡大)が飾られていました。

  この城はフランスの歴史に名を残す大事件とかかわりがあります。1560年に起きた「アンボワーズの陰謀」と呼ばれるギーズ公暗殺未遂事件です。このとき暗殺を企てたプロテスタントの貴族たちがChâteau de Noizay ノワゼー城にいたところを逮捕され、Château d'Amboise アンボワーズ城で処刑されたのです。処刑総数は1200人にものぼり、フランス国内は宗教戦争へとつき進むことになります。

  今日はクリスマスイブです。キリスト教徒どうしが殺し合ったそんな悲しい時代があったことを、いましめとして記憶にとどめておかなければなりません。

  
  Château de Noizay ノワゼー城 ホームページ
  Château d'Amboise アンボワーズ城 ホームページ

  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.12.23

Varappe ロッククライミング

Alpes_2

フランスアルプスでVarappe ロッククライミングしている女性がいた。写真をクリックすると大きくなるのだが、巨大な岩の割れ目に手をかけ一歩ずつ身体を上に押し上げてゆく。見ているだけで、こちらの肩に思わず力が入る。人間はすごいなあ。

  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D90のプレゼントをもらいそこねました・・・

  アマゾンで注文したNikon デジタル一眼レフカメラ D90 AF-S DX 18-200 VRレンズキット D90LK18-200 D90LK18-200がさっそく届きました。うきうきドキドキしながら開封。

  カメラNikon D90とレンズAF-S DX 18-200 VRがセットになって箱にはいり、一緒にたのんでいた付属品は別の箱できました。レンズを装着してあとはSDカードを入れるだけなのですが、どれがいいのかよくわからずまだ注文していなかったので、試し撮りもできません。

  でもNikonデジカメでオリジナルグッズ&メモリカード プレゼントのページから注文したので、メモリカードもおまけについてくるはずなのです。

  よくよく読みかえしてみると、Amazon.co.jp オリジナルメディアケース&カメラバッグセット D90用 (真鍮製メディアケースSD用+サンディスクExtremeIII SD4GB+カメラバッグ)、9980円を一緒に注文しなければなりませんでした。もう一度注文操作してみるとプレゼントの9980円ははじめは合計金額になるのですが、最後の注文確認でマイナス表示されるのです。価格が表示されていたので、ここにチェックできていませんでした。

  ケースはもらえなくても仕方ありませんが、SDカードだけでいいからほしかったです。自分の単純ミスですから、どうしようもありません。とほほ・・・

    
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ


  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.22

デジタル一眼レフカメラ Nikon D90を注文しました!

410blscylil_aa280_

  9月に発売されてからどうしようかずっと迷っていたのですが、ついにNikon デジタル一眼レフカメラ D90 AF-S DX 18-200 VRレンズキット D90LK18-200 D90LK18-200を注文しました。実は10月からカメラ講座に通っています。講師はもう10年もデジタルカメラを使用しているそうで、何でも教えてくれます。

  20名くらいのメンバーと一緒に数回撮影会に出かけました。そこで撮った写真を見せてもらうと、同じ景色とは思えないほど写真にバリエーションがあるのです。これまで好き勝手にシャッターをきってきましたが、メンバーの方々の写真を見るのは非常に勉強になります。2005年はじめにNikon D70を購入しこのカメラと共に、いろいろな場所を旅してきました。フランス国内、南仏やフランスアルプスはもちろん、アイルランドやスペインのケルト文化圏やモナコ、スイス、イタリアにも行きました。

  城や教会内部などの暗い場所ではデジタルカメラが便利です。でももっと鮮明に撮れたらいいのにと思ってきました。Nikon D70からD90まで、わずか数年でデジタルカメラの性能は飛躍的に向上しています。これからはNikon D90でブルターニュの風景や人々の暮らしをもっともっと綺麗な写真で紹介したいと思います。自分では進化したカメラの性能を使いこなせないかも知れませんが、教えてもらえる先生がいるので安心です。いつ届くのか楽しみです。


  <一緒に購入した付属品>
  Nikon リモートコード MC-DC2 (D90用) MCDC2 風景を撮るには必需品
  Kenko 72S PRO1D プロテクター(W)ワイド 252727 ついつい汚れがつくのであらかじめつけておきます

 <追加注文したもの>
  ニコン D90完全ガイド いろいろ見比べてこれに決定
  東芝 SDHC 8GB SD-K08GR5W4 高速クラス4 安いものは速度が遅いのでHigh speed typeを購入

  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ
  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.19

フランスの高校生 相次ぐデモ


www.letelegramme.com

  フランスでは2010年のla réforme de Xavier Darcos制度改正に反対する高校生たちのデモ行進が続いている。このニュース映像は12月16日、場所はBrest ブレストだ。ここ数日間でフランス全土にわたって十万人以上の高校生がデモに参加した。Lyon リヨンでは数人が怪我をし、車に火が放たれた。またRoanne ロアンヌやDijon ディジョンでは鉄道が封鎖された。

  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブログ記事を縦書きで表示する方法

  
縦書きブログがあると知ったのだが、まだ一般のブログでは使用できないようだ。そこで、縦書きで表示できるのか実験してみた。記事を書くときにHTMLで編集できるようにしてから、タグを指定する。投稿してみても何も変わっていないと思ったのだが、縦書きが表示できるのはエクスプローラだけのようだ。設定の方法など詳しいことはアポロさんの記事をどうぞ。いったん縦書きで表示できたのだが、内容を書き足すと横書きにもどってしまった。このブログはフランス語を書いているので縦書きには向かないのだが、手軽な縦書きサービスができれば、表現の幅が広がるだろうと思う。
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。     ↓↓↓   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.18

Château de glace 氷の城

Glace
深々と静まる寒い夜。レンヌの市役所前広場ではChâteau de glace 氷の城が築かれていた。ブルターニュではめったに雪も降らないので、この氷は段ボールにつめられ、トラックに乗ってどこからか運ばれてきたのだ。ここで命を吹き込まれた氷の城は照明を跳ね返してきらめきを放つ。

  わずか数日間しか持たないことはわかっているが、つい魅せられて近づいてしまう。と書いたものの、どんなイベントだったのかはっきり覚えていない。たぶん5年くらい前の写真だ。市役所前広場にはいろいろなオブジェができてはすぐに撤収されてゆく。そういう意味ではとても刺激的な場所なのだ。
  

  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.15

La montre S.T.A.M.P.S. 切手型の腕時計 ブルターニュモチーフ

Lamontrestamps
  ドイツ生まれの切手型の腕時計「S.T.A.M.P.S.(スタンプス)」。元スウォッチ社・プロモーションマネージャーあったペーター・グシュヴィント氏と、元シチズンヨーロッパのブランドマネージャーであったアンドレアス・シュヴェネカー氏によって考案された。2001年、レッドドットデザイン賞やデザインフォーラムも受賞している。
Lamontrestampst

  その特徴は切手のように貼り付けることができること。裏面が粘着式なので様々な場所に貼ることができ、しかもあとを残さずはがすこともできる。何度でも貼りなおし可能なので、汗をかく夏は腕時計ではなく手帳に貼っておくといい。またこの時計の売上の一部は老人やハンディキャップを持つ人の協会に寄付されるそうだ。

  ここからS.T.A.M.P.Sの時計を日本で購入できるのだが、残念ながらブルターニュモデルは販売されていない。これを欲しいと思うのは相当なブルターニュマニアだけだろうから。

  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.13

Marchés de Noël en Bretagne ブルターニュのクリスマス市情報

Noel_trvarez

  クリスマスが近づいてきました。Les marchés et animations de Noël en Bretagne ブルターニュ各地で開催されるクリスマス市とイベント情報です。ここに示されている地図上のマークをクリックすると、日程とイベントの内容が表示されます。

  注目したのはChâteau de Trévarezで11月22日から1月11日まで開催されているNoël à Trévarezです。ブルターニュの食品はもちろんのこと、Finlande フィンランドのデコレーションや物産の販売もあります。

  Château de Trévarez  こちらから城の写真を見ることができます。1001fleurs.comによると美しい庭があるそうです。
  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

L'ours en peluche, Made in France フランス製クマのぬいぐるみ

  12月になると商店街は大賑わい。クリスマスプレゼントを買い求める人たちでごった返す。でも以前中国製のコピー商品が氾濫するフランスに書いたように、ありとあらゆる分野で中国製品が販売されている。しかし押し寄せる国際化の波の中でがんばっているBlanchetのような会社もある。

Des jouets chinois, sinon rien Des alternatives existent. On peut choisir une peluche Blanchet, par exemple. "Nous sommes les seuls à travailler encore en France", confie Michel Blanchet, installé près d'Argenton-sur-Creuse (Indre). Ses animaux, vendus notamment au Nain Bleu, sont montés à la main avec des fourrures tissées et non tricotées, donc aux poils mieux fixés. Encore faut-il accepter d'y mettre le prix : de 15 à 1 500 euros, soit le double d'un modèle chinois équivalent.

  まだ二者択一することはできる。もうフランス製のぬいぐるみは少なくなってしまったが、Blanchetでは手作業でぬいぐるみ製造を続けている。その価格は15から1500ユーロだ。

Noël : Les secrets de fabrication des peluches traditionnelles.Les commandes au Père-Noël sont en cours de fabrication. L'ours en peluche reste une valeur sure. Certains ateliers en France en fabriquent encore. Un exemple dans l'Indre.

  このリンクはテレビ局TF1のお昼のニュース。ビデオでどうぞ。「クリスマス、伝統的なぬいぐるみ製法の秘密」と題してBlanchetのクマのぬいぐるみ製造工程を紹介している。工房では、1953年からクマが作られている。20のパーツを裁断し、縫い合わせて詰め物をする。ちゃんと座れるように気をつけて。さあリボンを結ぶと出来上がり。もう30年も働いているという女性もいた。だが80年代に70人いた職人は、現在13人に減少した。そして昨年、パリにあるAu Nain Bleuに会社を売却したが、ぬいぐるみを作りつづけることに変わりはない。

  Les derniers nounours fabriqués en France 「最後のフランス製クマちゃん」 非常に興味深い製造工程の写真22枚 87歳のMadame Blanchetも現役でがんばっているし、貴重な型紙が壁いっぱいにかかっている。ぬいぐるみの目はイタリア製だ。大切なぬいぐるみのリフォームを依頼されることもある。

  そんなひたむきさが評価され、“ Entreprise du patrimoine vivant ”に選ばれた。これは経済産業雇用省が管轄するもので伝統工芸を守る企業に与えられる称号だ。時代の流れとはいえ、これからもこういった技術が消えないでほしいと思う。

  La société Blanchet peluches de France vient d’obtenir le label “ Entreprise du patrimoine vivant ”. est une marque du Ministère de l’Economie, de l’Industrie et de l’Emploi.

  
  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.09

ブルターニュ再統一の意義

  なぜRéunification de la Bretagne ブルターニュ再統一が話題になるのでしょうか。それはある日突然引き裂かれてしまったからです。どういうことなのか日本を例に考えてみましょう。たとえばあなたは京都府京都市に住んでいたとします。ある日テレビで臨時ニュースが流れました。「都合により明日から京都市と宇治市は滋賀県に編入されます。ほかの都市はそのまま京都府です」と。

  「冗談じゃない」と思いませんか。京都府から京都市がなくなったら、京都府なんて呼べるでしょうか。そんなことがブルターニュで実際に起きたのです。Nantes ナントには京都御所のようなLe Château des ducs de Bretagne ブルターニュ公たちの城があります。最後のブルターニュ公妃、Anne de Bretagne アンヌ・ド・ブルターニュが生まれた公国の首都だった場所でした。

  公国がフランスに編入されたのは16世紀ですが、ブルターニュでは今でも「自分たちはフランス人ではなくBreton ブルトン人だ」と言い続ける人たちが住んでいるのです。上のビデオには行政の勝手でブルターニュをパズルのように切り貼りされるのはたまらないというメッセージが込められています。サルコジ大統領。私からもお願いします。一日も早くブルターニュを元にもどして下さい。


  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.05

Réunification de la Bretagne ブルターニュ再統一

  Réunification de la Bretagne ブルターニュ再統一をかかげて粘り強く活動している人たちがいる。なぜならヴィシー政権下の1941年、Bretagne ブルターニュで最大の都市Nantes ナントやそのまわりの町がブルターニュから切り離され、ロワールに編入されたからだ。

  Nantes ナントをブルターニュに戻すべきという意見は徐々に高まりつつあるが、数日前のサルコジ大統領の発言「ナントはブルターニュの州都」"La Bretagne compte quatre départements. Magnifiques. A Nantes, on me dit, ici c'est la capitale de la Bretagne. Mais on est en Pays de la Loire!"でさらに注目が集まっている。"Réunification" 再統一という悲願があちこちで論議され始めた。Référendum 国民投票して決着をつけるべきだと話す人たちも多い。

  Suite aux propos de N. Sarkozy, réorganiser le territoire breton ABP
  Réunification. Le Drian : la balle est dans le camp de Sarkozy Télégramme
  Bretagne. Avec ou sans Nantes ? Télégramme
  Des milliers de Bretons revendiquent à Nantes la réunification de la Bretagne Eurominority.eu
  Pour une réunification administrative dela Bretagne

  44=BZH(Bretagne)、ナントの属するロワール=アトランティック県が本当にブルターニュに戻るのはいったいいつのことだろう。


   ブルターニュ再統一の意義に続きあり。


  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.01

写真展 L'été de Chamonix シャモニーの夏 開催中

Chamonixete
  L'été de Chamonix,Au pied du Mont Blanc 写真展 <シャモニーの夏>が12月1日から31日まで開催中です。飾り付けは昨晩すませました。

  とはいっても開催が急に決まったので、まだどなたにもお知らせできておりません。いま店内に置いてもらう案内を作ったところです。

  お近くを通りかかったら、ちょっと立ち寄ってくださいね。詳しいことは右の案内(クリックで拡大)をご覧ください。
Aisatu
  Chamonix シャモニーとはなぜか縁が深く、すでに5回行くチャンスがありました。特に朝や夕暮れ時、瞬きするごとに変化するモン・ブランの色あいは何度眺めても感動します。

  このように美しい山ですが、同時に命を落とすアルピニストもすくなくありません。今年も私が滞在中に山岳ガイドが転落死したと聞きました。

  それだけ厳しい山ですから登った後の達成感も並大抵ではないのでしょう。幾多のアルピニストたちの汗と血と涙をそっと見守ってきたのがモン・ブランなのです。


  ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリックが有効です。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »