« フランスからの手紙「ブルターニュ~フランスの中の異国、海の幸の天国」 | トップページ | 日本の休日 »

2009.01.30

フランス南西部をおそった嵐

フランス南西部を1月24日に襲った嵐la tempête Klausで大変な被害がでている。洪水も発生して3人が亡くなった。上のビデオはバスク地方、ベアリッツの海の様子La mer déchaînée, à Biarritzだが、強風によって樹木の6割がなぎたおされたという。ビデオで見る限りでは倒れている木は20~50年程度の樹齢ではないかと思う。被害総額は3 milliards d'euros、30億ユーロ。日本円では3600億円以上になる見込み。フランスでは1999年の12月26日に嵐で記録に残る甚大な被害(70億ユーロ)がでた。


  フランス各地で250万人が参加して1月29日にデモ行進やストライキが行われたが、失業者がふえているところにこの自然災害。元にもどるには相当な時間がかかりそうだ。

    ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

|

« フランスからの手紙「ブルターニュ~フランスの中の異国、海の幸の天国」 | トップページ | 日本の休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/43906758

この記事へのトラックバック一覧です: フランス南西部をおそった嵐:

« フランスからの手紙「ブルターニュ~フランスの中の異国、海の幸の天国」 | トップページ | 日本の休日 »