« 帰国途中の話 1 | トップページ | Pointe du Château まだ見ぬブルターニュの海辺 »

2009.04.02

帰国途中の話 2

  もう10年以上、日本と欧州の国際便で個人用スクリーンがない機体に乗った覚えがありません。つい2週間前にもちゃんとありました。でもどんなに探してもないのです。添乗員に尋ねると「2日前からこの機体です。エコノミークラスにも徐々にスクリーンをつけるようにしているのですが」とよくわからない説明。ボーイングでしたが型番は忘れました。

  隣の人と「経費節減のためにスクリーン付きの機体は売ってしまったんじゃないか」などと勝手な憶測をしゃべってうさばらし。しかも座席は45番まで。トイレも後ろにはありません。機体の後ろ半分が貨物なのでしょうか。そんなことはどうでもいいのですが、これでは長時間のフライトの楽しみもなく寝るしかありません。

  夕日が沈むまで寒い野外で立っていたからでしょうか、旅の途中で膀胱炎になり日本に帰って病院へ。旅の3日目で数年に一度しかならないヘルぺスもできたことを話すと「それは過労ですね」と言われましたが、足がむくみ尿検査のコップが血尿で赤くなっていたのを見て自分でも納得。クレープの夢を見ながら、少し休憩中です。
 

   ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ
 

|

« 帰国途中の話 1 | トップページ | Pointe du Château まだ見ぬブルターニュの海辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/44545221

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国途中の話 2:

« 帰国途中の話 1 | トップページ | Pointe du Château まだ見ぬブルターニュの海辺 »