« 白いモクレンの花 | トップページ | フランスの長い春 »

2009.05.31

Restaurant du Terroir 地産地消の食材を用いたレストラン

Gf

  ブルターニュではこれまでに多くのGalette ガレット(そば粉をクレープ状に焼いたもの)やCrêpe クレープを口にした。そんなに頻繁に外食をすることがなかったので、私が行ったことのあるCrêperie クレープリーは限られていることをお断りしておきたい。その中で私が最も気に入っているのが先日から書いている家畜小屋を改装した店なのだ。
Gma

  ここで種明かしをすると、この店こそ私にとって究極のガレットが食べられるところである。これまで正確な名前や場所を書かずにいたのだが、あらためて訪れそのいごこちのよさと変わらぬ味に感激した。これまで日本のガイドブックや雑誌に取り上げられたことはないので、日本人はここまでほとんど足を運んだことはないそうだ。

  「そっと自分だけの胸にしまっておきたい」という葛藤もあるのだが、畑の真ん中にあることを考慮にいれたうえで「どうしても食べたい」とおっしゃるGalette ガレット好きの人には一度味わってほしい。Restaurant du Terroir 地元でとれた地産地消の食材を用いたレストランとAuberge 民宿をかねているので宿泊もできるが夏場はこみあうので早めに予約しないと無理だろう。

L'Auberge le puits de Jeanne
Familles THOMAS et SCARELLA
29650 PLOUEGAT-MOYSAN
Téléphone. 02.98.79.20.15
Fax 02.98.79.22.73

   ランキングに参加しています。おかげさまでフランス語ランキング1位。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

  

|

« 白いモクレンの花 | トップページ | フランスの長い春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/45195964

この記事へのトラックバック一覧です: Restaurant du Terroir 地産地消の食材を用いたレストラン:

« 白いモクレンの花 | トップページ | フランスの長い春 »