« 11月1日から1年がはじまります | トップページ | 自由の女神とブルターニュ »

2009.10.30

La fête d'Halloween ハロウィンなんてナンセンスだ

Citrouille

  これはRennes レンヌにあるチョコレートのお店、Jeff de Bruges ジェフ・ド・ブルージュのショーウインドー。la fête d'Halloween ハロウィン前なので、citrouille かぼちゃの飾りつけをしています。

  10月31日の夜になるとレンヌの町は変装した人たちがたくさん歩いています。身体にトイレットペーパーを巻きつけた男性、魔女風の先のとがった帽子をかぶり怖いメイクをした女性、子供たちも喜んで吸血鬼のマントをはおっています。私も自分で帽子を作ったことがあります。段ボールをくりぬいてとんがり帽子をつくり、黄色い紙を張ったのです。もちろんそれをかぶって、友人たちと町を歩きました。これが案外うまくできたので、捨てずにずっと部屋に飾ってありました。

  ところが、la fête d'Halloween ハロウィンがフランスでポピュラーになったのはごく最近。2000年ごろからだというのです。11月1日はToussaint 聖人の日で祝日ですから家族で菊の鉢植えをかかえてお墓参りに行きますがその前日に特別なことをするわけではなかったのです。

  ハロウィンの風習はアメリカからフランスに上陸したのですが、デパートにオレンジのハロウィングッズが並べられ、メディアでコマーシャルが流れるようになると異議を唱える人も多かったそうです。しかしわずか数年でハロウィンは子供たちに浸透し、この時期になるとかぼちゃだらけになってしまったのです。

  ずっと続いている風習だと思われていることでも調べてみると案外新しいものだと判明したりします。たとえば今ではフランスのどこの家庭でも見られるクリスマスツリーも第一次大戦後、アメリカから持ち込まれたものなのですから。

  聖人の日と死者の日で作家のJean Markale ジャン・マルカルさんが「3日3晩、新年を祝う祭りは続いたんだ」と述べていたのはブルターニュでもケルトを信じる一部の人たちだけで11月1日から1年がはじまるなんて一般の人にとってはナンセンスなことだったのです。

 ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  にほんブログ村 外国語ブログへ

|

« 11月1日から1年がはじまります | トップページ | 自由の女神とブルターニュ »

コメント

こんにちは!
ハロウィーン、そうですよね。

昨年、ハロウィーンの日にパリからロンドンに移動したとき、パリでは殆どハロウィーン関連の飾りがなかったけど、ロンドンに到着してビックリ!
地下鉄の中は、コスプレ祭り(!?)になっていました~。
それよりも、何故日本でも・・・。

投稿: Miya | 2009.11.01 12:02

こんばんは

日本はキリスト教徒ではないのにクリスマスにケーキを食べているくらいですから、深く考えずにいたほうがよいのでは・・・

私はアイルランドの首都ダブリンを歩いて、お土産もの屋でひとり興奮してしまいました。だってケルトモチーフであふれているのですから。

私が住んでいたレンヌはケルト色はそう強くなくフランスの都市というのが正直なところなのです。よく通っていた数軒のマニアックな店も、万引きが多すぎてやってゆけないと店じまいしてしまいました。悲しいですね。

投稿: 市絛 三紗 | 2009.11.01 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/46620746

この記事へのトラックバック一覧です: La fête d'Halloween ハロウィンなんてナンセンスだ:

« 11月1日から1年がはじまります | トップページ | 自由の女神とブルターニュ »