« Les huit premiers diplômes de cornique コーンウォール語のディプロム | トップページ | アメリカの日刊紙、廃刊相次ぐ »

2010.01.12

ローズガーデンをつくる No.1 バラを衝動買い 

Garden1

  「バラの花を花瓶からこぼれるほど活けたい」とついついバラの苗を衝動買いしてしまったのが昨年、11月のはじめのことでした。何がとどくかお楽しみで4本セット3980円でした。届いたのはドイツうまれの「アイスバーグ」と「アンジェラ」、フランスの「ピエール・ドゥ・ロンサール」、そして日本うまれで大輪の「ホワイトパフェ」でした。しかもアイスバーグとホワイトパフェはつぼみがついていて、すでにいい香りがただよっていました。
Garden2

  3本もつるバラが届いたので、植える場所を考えなければなりません。そこで南向きの古い倉庫の壁ぎわをローズガーデンにすることにしました。まず、その場所にあった花を移動させたのですが、問題は壁面の角に数十年間使っていないトイレがあったのです。最初「どうしようもない」と思いましたが、やはり邪魔なので、解体することにしました。とはいえ頑丈に作られていますので、脚立に登ってバールやのこぎりで悪戦苦闘すること約10日。11月21日についに柱を倒すことができました。このときは腰の痛みも忘れて達成感がありました。
Garden3

  この倉庫の外観は波状のトタンなのですが、このトタンもボロボロで、あまりに見た目がひどいので裏返して使えそうなトタンをハサミで切って補修しペンキを塗ることにしました。低そうに感じても実際にはしごをかけて4メートルの高さに登ったら怖かったです。というのもペンキを塗るには片手を離さないと無理ですから。12月2日に一日がかりでペンキを塗り終えました。

  その2にすすむ
  

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 

|

« Les huit premiers diplômes de cornique コーンウォール語のディプロム | トップページ | アメリカの日刊紙、廃刊相次ぐ »

コメント

Missaさん、こんにちは。

先日はコメントをありがとうございました。
ひょっとして、業者に頼まずに自分で力仕事というか大工仕事をしているのですか! たくましいですね。

つるバラということは、フェンスやアーチに仕立てるのでしょうか。……立派なローズガーデンになるまでには年数がかかりそうですが、育てる過程も楽しいでしょうね。

それにしても「女子力アップバラ苗セット」というのはおもしろいネーミングですね(笑)。

投稿: chez_toi | 2010.01.13 02:56

こんにちは

すべて自分でやりましたので、おかげさまでバールの使い方はよくわかりました。隣の家の人も「自分では無理よ」と言っていましたが、フランス人が何でも作るのを見てきましたからね。

金きりばさみでトタンを切ったり、数枚のトタンの上から釘を打つという作業は大変でした。何度か自分の手をたたきましたよ。

はじめはアーチだけと考えていたのですが、バラの種類によって伸び方が異なるので、アイスバーグは針金をわたして壁をはわすことにします。

投稿: 市絛 三紗 | 2010.01.13 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/47269801

この記事へのトラックバック一覧です: ローズガーデンをつくる No.1 バラを衝動買い :

« Les huit premiers diplômes de cornique コーンウォール語のディプロム | トップページ | アメリカの日刊紙、廃刊相次ぐ »