« ローズガーデンをつくる No.4 立水栓にうさぎの蛇口 | トップページ | ローズガーデンをつくる No.5 立水栓上部にカーブをつける »

2010.02.10

Le Musée des beaux-arts de Rennes  レンヌ美術館再開


  2年前から改装中だったLe Musée des beaux-arts de Rennes レンヌ美術館が本日2月10日から公開される。歩いて数分と近かったので何度も足をはこんだものだ。私が一番好きなのは"Le nouveau-né", de Georges de la Tour 「聖誕図」ジョルジュ・ド・ラ・トゥールだ。ほかにも狩りの様子を生き生きと描いた"La Chasse au tigre",Pierre-Paul Rubens 「虎狩り」ピーテル・パウル・ルーベンスの前ではいつも長い時間をすごした。「フランダースの犬」で主人公のネロが最後まで見たがっていたアントウェルペン大聖堂にある「キリストの昇架」と「キリストの降架」の作者だ。

  どんなふうに改装されたのかと楽しみだったのだが、Le Musée des beaux-arts renaît(Le Télégramme)の数十枚の写真を見てがっかりしてしまった。というのも、展示室の壁が赤く塗られているのだ。赤い壁の色が強烈すぎてせっかくの絵に集中できない。いったい誰がこんな色を選択したのだろう・・・

  以前にもこれと同じ思いをしたことがあった。ブルターニュの西部にあるAbbaye de Daoulas ダウラス修道院でFées, elfes, dragons autres créatures des royaumes de féerie が開催されたことがあった。世界各地の妖精に関する絵画、オブジェ、映画、書籍などが紹介され、井村君江さんが現地に足を運ばれた。ご自分が所有している妖精の絵画をこの展示会のために貸出していたのである。この時同行させていただいたのだが、ここでも一部に赤い壁があって驚いた。繊細な妖精たちは赤い壁の上でいごこちが悪そうだった。

  いったいどのくらいの美術館が赤い壁を採用しているのか、それが本当に素晴らしい展示方法だと考えているなら、私の理解を超えている。


  *Le Musée des beaux-arts de Rennes ホームページ
  20 quai Emile Zola
  35 000 - Rennes / FRANCE
  Tél : (33) 02 23 62 17 45

  ・HORAIRES D'OUVERTURE
  Mercredi, jeudi, vendredi, samedi, dimanche : 10h - 12h et 14h - 18h
  Mardi en continu : 10h - 18h
  Fermé le lundi et les jours fériés

  ・ACCES
  Stationnement parking Kléber
  Métro A : République
  Bus arrêt "Musée beaux-arts" : 4, 6, 40, 64, 67
  Bus arrêt "Lycée Zola" : 54, 55, 56
  Vélo STAR : station avenue Janvier


   <追加情報>

  内部のビデオがあったので追加。すべての展示室が赤い壁ではないのだが、それでも天井が高いので赤い面積が非常に多い。 「虎狩り」もこの赤い壁の上に展示されている。

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 

|

« ローズガーデンをつくる No.4 立水栓にうさぎの蛇口 | トップページ | ローズガーデンをつくる No.5 立水栓上部にカーブをつける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/47528695

この記事へのトラックバック一覧です: Le Musée des beaux-arts de Rennes  レンヌ美術館再開:

« ローズガーデンをつくる No.4 立水栓にうさぎの蛇口 | トップページ | ローズガーデンをつくる No.5 立水栓上部にカーブをつける »