« Festival International du Film de Cannes カンヌ国際映画祭 | トップページ | Nettoyage des plages ビーチ・クリーニング »

2010.05.11

ローズガーデンをつくる No.14 Ebb Tide エブタイド

Garden0511

  紫色のバラ、Ebb Tide エブタイドが咲きました。つぼみは少し赤みがあったのですが、開いたら紫でした。満開になるとオールドローズのようになるそうです。画面をクリックすれば画像は大きくなり、ほぼ実物くらいのバラの大きさになります。

  驚いたのはこのバラの持つ香りです。むせかえるような強い香りで、甘みもあり、いったい何にたとえてよいのかわからないほどなのです。おとといは地元のバラ園を訪ね、270種類ものバラの香りを数時間もかいだのですが、Ebb Tide エブタイドがはなつような香りはありませんでした。
Garden0511a

  このバラはアメリカ、Weeks Roses ウイークスローゼス社のもので、普通のバラの3倍くらい茎が太いのです。ウイークスローゼス社はアメリカ、カリフォルニアで1938年以降、育種家トム・カルースさんの指導をあおぎ250,000粒の種を採るため、約50,000本の花の授粉を行っており、その種を育成し 8~10年の評価期間の後、本当に優れた市場に値するもののみ、毎年わずかに3つか4つの新品種を発表しているナセリーだそうです。

  朝から小雨が降っているのですが、もう何度も近寄って香りを吸い込んでいます。インターネットでこの香りをお届けできないのは残念です。右側の写真でエブタイドの手前に写っている灰白色の植物はlamb's-ear ラムズ・イヤー(学名:Stachys byzantina)です。子羊の耳というだけあって、さわると動物の皮膚のような柔らかな肌触りなんですよ。


  このバラを購入するには下のリンクからどうぞ。

  バラ苗 エブタイド プレミアウィークスローズ3年生大苗7号スリット鉢  四季咲き中輪 紫系
  【ハーブ苗】:ラムズイヤー

  その1から読む    その15にすすむ


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 

|

« Festival International du Film de Cannes カンヌ国際映画祭 | トップページ | Nettoyage des plages ビーチ・クリーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/48331774

この記事へのトラックバック一覧です: ローズガーデンをつくる No.14 Ebb Tide エブタイド:

« Festival International du Film de Cannes カンヌ国際映画祭 | トップページ | Nettoyage des plages ビーチ・クリーニング »