« Brud Nevez no.281 Bro-Japan | トップページ | ベルサイユ宮殿で開催予定 村上隆氏の展示会に非難の声 »

2010.08.22

予約制レストラン Saveurs d’antan

Saveurdantan1

  昨年春、久しぶりに鎌倉を訪れた。フランスとの関わりの深い東川さんに会うためであった。そのお宅はシンプルな外観に存在感のある青いドッシリとしたドアが印象的だった。聞けば木工作家・中川久嗣さんの作品だという。室内でひときわ目をひくダイニング・テーブルも中川さんに依頼したものだ。

  上の写真はリビングから見える隣家との境界なのだが、たしかご主人が自分で作ったと聞いたような気がする。飾られている植木鉢やオブジェは奥さんの焼いた陶芸作品。決して広くはないのだが、住宅地の中にあっても解放感にあふれ、さわやかな風がふきぬけるよう。あまり素敵だったので写真は撮らせてもらったのだがこれまで公開するのは遠慮していた。
Saveurdantan

  その後このダイニングキッチン(クリックで拡大)は昼間だけ開店の予約制レストランとなった。昔からお料理が好きという東川さんならではの思いつきだ。日本食だけではなくフランス人から教えてもらったフランスの昔ながらの家庭料理がおいしいと、レストランは好評だという。この時数日間泊めてもらい手料理をごちそうになったのだが、味はもちろん、手際のよさに感心した。レストランは夏休み休暇なので予約は9月から受け付けるそうだ。


  *Saveurs d’antan 
  営業時間 : 水、木、金の昼食のみ
  TEL : 0467・60・6360

  *creative factory PARADIS
  木工作家・中川久嗣さんのホームページ

  *第1回 東川則子さんのClass Lifeな暮らし
  2010年8月にはじまった湘南から発信するウエブ・メディア『BRISA』(ブリーザ)。ライターやカメラマンといった編集スタッフは湘南で暮らしている女性だという。その「鎌倉くらすらいふ」でSaveurs d’antanが取り上げられた。ビデオを見てもらえればきっと「さわやかな風がふきぬけるよう」な感覚を持ってもらえるのではないかと思う。

 

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 

|

« Brud Nevez no.281 Bro-Japan | トップページ | ベルサイユ宮殿で開催予定 村上隆氏の展示会に非難の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/49211052

この記事へのトラックバック一覧です: 予約制レストラン Saveurs d’antan:

« Brud Nevez no.281 Bro-Japan | トップページ | ベルサイユ宮殿で開催予定 村上隆氏の展示会に非難の声 »