« Dictionnaires français フランス語の辞書 | トップページ | かけがえのない唯一無二の人 »

2010.09.30

夕闇せまるブルターニュ

Crepuscule

  NHK、朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」が幕を閉じた。放送初回は史上最低の視聴率だったというが、最終回は23・6%だったらしい。水木しげるさんの漫画によせる情熱が非常によく描かれたドラマだった。昔テレビ放映されていた「ゲゲゲの鬼太郎」は気味が悪くて見られなかったのだが、裏をかえせばそれだけリアリティがあって恐怖をよびおこされたということだろう。

  そんな私がブルターニュでは田舎の礼拝堂や廃墟めぐりをして、墓場をほっつき歩き、骸骨や死神の彫刻を食い入るように眺めていたのだから人生はおもしろいものだ。「目に見えないけれどずっと存在している」ブルターニュの妖精や精霊たち。彼らのことを何かの形で語り継ぐのが、使命なのではないか。そんなどうでもいいことは誰もやらないだろうから。夕闇せまるブルターニュ。目に見えない彼らの活動がもうすぐはじまる時間だ。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


|

« Dictionnaires français フランス語の辞書 | トップページ | かけがえのない唯一無二の人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/49605026

この記事へのトラックバック一覧です: 夕闇せまるブルターニュ:

« Dictionnaires français フランス語の辞書 | トップページ | かけがえのない唯一無二の人 »