« フランス語の発音がわからない時に使える便利なサイト | トップページ | 路上からの復活 »

2010.12.24

DIRTY WATER CAMPAIGN

  今日はクリスマス・イブ。普段は自分のことで手いっぱいでも、ちょっとだけ世界の子供たちのことを考えてみませんか。ユニセフによれば、毎日世界中で4千人の子どもたちが、水に起因する病気でなくなっているそうです。そんな現実を見つめ直してほしいという願いからUNICEF ユニセフはDIRTY WATER CAMPAIGNを実施しています。

  アメリカ・ニューヨークに出現した水の自動販売機。ペットボトル1本1ドルです。でも道行く人々はペットボトルの中身にとまどいを隠せません。なかには露骨にいやな顔をする人もいます。というのも売っているのはにごった汚い水で、自動販売機のメニューには「マラリア」 、「コレラ」、「腸チフス」 、「デング熱」、「肝炎」、「赤痢」、「サルモネラ食中毒」、「黄熱病」と表示されているのですから。

  私たちは水道をひねると、安全な水をお腹いっぱい飲むことができます。でもこのような病原菌に汚染された水しかなければ、それを飲むしかありません。同じ地球に生を受けても、育つ環境が異なるときれいな水を飲むことすらできないのです。1ドルあれば、水質汚染された地域の子どもたちが40日間きれいな水を飲めるのだそうです。子供たちのために何ができるか、考えてゆきたいと思います。


   ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 

|

« フランス語の発音がわからない時に使える便利なサイト | トップページ | 路上からの復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/50385469

この記事へのトラックバック一覧です: DIRTY WATER CAMPAIGN:

« フランス語の発音がわからない時に使える便利なサイト | トップページ | 路上からの復活 »