« ブルターニュの海岸でイノシシ大量死 | トップページ | アンリ・ルルーのラボ YouTubeで公開 »

2011.08.07

自家製小麦でパンを焼こう その1 種をまく

0415


  昨年11月、ナチュラルハーモニーの河名秀朗さんとお会いした。河名さんの著書は「自然の野菜は腐らない 」「ほんとの野菜は緑が薄い」 「野菜の裏側 ―本当に安全でおいしい野菜の選び方」などを読んでいたし、テレビ東京の「ソロモン流」を見ていたので「築地御厨」の内田悟さんが野菜のことを学ぶため河名さんのところに足しげく通ったことも知っていた。

  その出会いがきっかけとなって、小麦を植えた。長年にわたって家族が化学肥料や有機肥料などをたっぷり与えている畑の余剰な肥料分を小麦が掃除してくれると聞いたからだ。もう種まきの時期は過ぎていたので大慌てで種を手に入れ11月9日から数日間小麦を蒔いた。0519いっさい肥料もやらず、草抜きも消毒もしないのにすくすくと育った。右の写真は4月15日。このころは青葉が美しいが5月19日になると麦の穂は黄金色に色づいてきた。

  ところが今年は梅雨入りが早かった。刈り入れを目前にして5月26日から梅雨入り。おまけに台風が近づいていて小麦も毎日雨に打たれる有様だった。そのままずっと雨が続くと、せっかくの実りが台無しになってしまうのでうらめしく空を見上げるばかりだった。


  その1から読む    その2にすすむ


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

|

« ブルターニュの海岸でイノシシ大量死 | トップページ | アンリ・ルルーのラボ YouTubeで公開 »

コメント

自分もチクゴイズミを撒きましたが、仕事が忙しくて12月初旬に種蒔きとなりました。
それでもどうにか育っていたのですが、刈り干ししようとするタイミングに早めの梅雨入り。
種籾すらとれませんでしたcoldsweats01

投稿: ひろし | 2011.08.07 14:47

こんにちは

チクゴイズミ、はじめて聞く名前ですが検索してみると強力粉なんですね。うちのは何と言う品種なのか知らなかったのですが、数日前に購入した会社に問い合わせてやっとわかりました。

うどん用に開発された中力粉だったのです。でもこれから試行錯誤しながらパンを焼いてみます!その経緯は連載しますので笑ってやってください。

投稿: 市絛三紗 | 2011.08.07 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/52413716

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製小麦でパンを焼こう その1 種をまく:

« ブルターニュの海岸でイノシシ大量死 | トップページ | アンリ・ルルーのラボ YouTubeで公開 »