« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012.05.30

英国 コッツウォルズ風景

Mouton

  その後英国のイングランド中央部に広がるコッツウォルズ地方へ。ゆるやかな丘陵地帯を登っては下り、田園の中に点在する小さな村々を訪ねました。日本より少し遅い春をむかえ菜の花が満開で、黄色くそまった畑と牧草の緑が華やかなコントラストを描いていました。上の写真の上部、両端に少し菜の花畑が見えます。ここは少し高台だったので非常に遠くまで見下ろすことができましたが、コーンウォールやコッツウォルズではこのような光景が続きます。


  実はコッツウォルズは2度目の訪問だったのですが、ウィンチカムでJuri's ジュリスというティールームを開業、UK’s Top Tea Place 2008を受賞した宮脇樹里さんと10年ぶりの再会もかないました。Tea Juri's をはじめる前に営んでいたオックスフォードシャーのゲストハウスに宿泊し、コッツウォルズを案内してもらったのです。それだけの年月がたったにもかかわらず樹里さんやご家族の穏やかで素敵な笑顔は少しも変わっていませんでした。まるで時が止まっているかに思えるような静かな村で暮らしているせいでしょうか。スコーンと紅茶をいただきましたが(写真はクリックすると拡大します)、ここで使用しているコッツウォルズ産のクロテッド・クリーム(ジャムの横にうつっています)はコーンウォールで食べたものよりまろやかで脂肪分も少なく、その違いに驚きました。

  前回コッツウォルズで深く印象に残ったのがバイブリーとウィリアム・モリスの別荘だったケルムスコットでした。村の小さな教会にモリスのお墓もありました。今回はモリスが愛したコッツウォルズで3日間過ごしました。でもケルムスコットは残念ながら臨時休業。「また明日いらっしゃい」と言われても無理ですし、定休日ではないのにと後ろ髪をひかれる思いでしたが、次回までお預けです。コッツウォルズについては改めて書くことにします。


  コッツウォルズでティールーム―イギリスのお菓子に出合う
  宮脇樹里さんの著書 お菓子のレシピも載っています。
  Juri's is top for tea 20th May 2008 Cotswold Journal

   < 追加情報 >

  MOEアリスのティータイム Juri'sのお菓子 MOE (モエ) 2014年 03月号は、不思議の国のアリス特集。オックスフォード・コッツウォルズ紀行はすぐに役立つ旅行情報がもりこまれた保存版です。宮脇樹里さんがアリスの物語をイメージしてアレンジした3つのお菓子のレシピは必見。

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.05.27

英国パワースポット&アーサー王遺跡を巡る旅

Tintagel

  旅に出たいという衝動が抑えきれず英国へ。イングリッシュガーデンを眺めながらのんびりする計画だったのですが、出発をまじかにして行き先がどんどん膨張。今後の仕事もからんで、イングリッシュガーデン&パワースポット&アーサー王関連遺跡を巡るめいっぱいのスケジュールになってしまいました。12日間とはいっても実質9日間、最週日は半日ロンドン観光しましたから、8日間で英国の西先端、ランズ・エンドからコーンウォール半島を横断してロンドンまで戻ったことになります。レンタカーを利用したので、時間のロスはあっても行きたかった場所をほぼ巡ることが出来ました。

  コーンウォール半島については井村君江さんが実際に暮らしていた時に書かれたコーンウォール―妖精とアーサー王伝説の国を参照させていただきました。ブルターニュに似た家々の立ち並ぶ海岸線やセント・マイケルズ・マウント。不思議な形の石を探して迷いながら牧草地を走り抜けたこと、そしてアーサー王物語にも登場するティンタージェル城(上の写真)。この城は想像以上に規模が大きく、その頂上から眺めた雄大な景色は雨にもかかわらず素敵でした。もちろんコー二ッシュ・パスティーとクロテッド・クリームも食べましたよ。

  旅行の計画中にたまたま見つけたのが鏡リュウジさんの「英国神秘のパワースポット巡礼の旅」でした。昨年実施された2つの旅「アーサー王伝説ティンタジェルと幻想のセント・マイケルズ・マウント」と「占星術の都ロンドン・世界遺産巨石群と魅惑のグラストンベリー」はどちらも知っていたらぜひとも参加したであろうという興味深い内容だったので、レイラインをたどり紹介されていた場所をバース以外はすべてたずねてきました。ストーンヘンジよりもエーヴベリー近辺に点在する数々のパワースポットが印象的でした。さらにコッツウォルズ地方でうれしい再会があったのですが、それはまた次回にお話しますね。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.07

フランス大統領選挙、サルコジ大統領が落選

Résultats présidentielle - Hollande à la Bastille : "Merci, merci peuple de France !" TF1

  フランスの現職、サルコジ大統領が得票をのばせず落選。新しい大統領は社会党のFrançois Hollande フランソワ・オランド氏が選ばれました。17年ぶりとなる社会党の大統領誕生です。サルコジ大統領は敗北を認めるとともに政界から引退して「フランス国民の1人になる準備をしている」と述べています。

 
Nicolas Sarkozy : "Je m'apprête à redevenir un Français parmi les Français"


  仏大統領選 オランド氏当選 NHKニュース 5月7日 9時19分
  22日に第1回投票 シラク氏「オランド氏を支持」 産経ニュース 2012.4.22 11:00

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.04

ローズガーデンをつくる No.23 日本みつばちとローズガーデン

20120504

  2009年11月にバラを購入してから少しずつ形になっていった我が家の第一ローズガーデンですが、すっかり様変わりしてしまいました。20120504jardinつるバラをからませていた納屋を先月解体してしまったせいです。昨年の春の写真と比べるとその違いをわかっていただけると思います。でも仮植えしたバラたちは無事新芽がでてきたのでホッとしています。これから納屋の代わりに木の塀をつくりそこにつるバラを固定し、縦長のローズガーデンへと生まれ変わる予定です。巣箱の右側にうつっているのは赤紫のバラ4本が植わっている第二ローズガーデンです。紫色のバラ、Ebb Tide エブタイドもこの中央に植えかえしました。


Abeille  さて4月24日、庭に日本みつばちがやってきました。巣箱は納屋に使用していた松の木でつくってもらったものです。フェイジョアの木の下に置きましたが、逃げ出す様子もなく花の蜜を集めています。左の写真はローズマリー(上の写真の左端)の蜜をすうみつばちです。正直に言うと数日間はハチがすぐそばにくると緊張したのですが、やっと慣れて怖くなくなりました。バラをはじめ春の花々が咲き始めていますが、みつばちのためにもっとたくさんの花を植えようとおもっています。


その1から読む    その24にすすむ


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »