« 変貌をとげる世界遺産モン・サン・ミッシェル | トップページ | 話題のフランス映画 『タイピスト!』 上映開始 »

2013.08.18

19世紀のグライダー、チョコレートで再現


La barque ailée en chocolat flotte à Concarneau ,France3

  以前1200 kgものチョコレートを用いてチョコレート製の船を海に浮かべたことを紹介したことがあります。そうブルターニュのショコラティエでM.O.F.(Meilleur Ouvrier de France 国家最優秀職人章)の称号を持つ、Georges Larnicol ジョルジュ・ラルニコル氏です。

  現在ブルターニュのConcarneau コンカルノーで開催中のフェスティバル、Le festival les Filets Bleus(2013年8月14日~18日)に登場したグライダーは700 kgのチョコレートと500 kgの砂糖を使い、2ヶ月かかって製作されました。チョコレートは気温が31度になるととけてしまうそうですが、この日は24度でした。多くの見物人が見つめる中、海へと離陸したグライダーの様子、ビデオでご覧ください。

  ところで、このグライダーを設計したのはConcarneau コンカルノー出身のJean-Marie Le Bris ジャン・マリー・ブリーズ(1817-1872)だそうです。1856年12月、操縦装置のついたグライダーを風に向かって馬で引っ張らせて離陸し、100mの高さまで上昇し200mを飛行したのです。グライダーの写真も実在しているのですが、これまでその名前すら知りませんでした。でもライト兄弟が空を飛んだのは1903年ですから、まさに先駆者!人々が郷土の誇りと考えるのも無理がありませんね。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

|

« 変貌をとげる世界遺産モン・サン・ミッシェル | トップページ | 話題のフランス映画 『タイピスト!』 上映開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17948/58014719

この記事へのトラックバック一覧です: 19世紀のグライダー、チョコレートで再現:

« 変貌をとげる世界遺産モン・サン・ミッシェル | トップページ | 話題のフランス映画 『タイピスト!』 上映開始 »