« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013.12.30

Il a neigé 雪が降りました

Yuki1

  今朝も冷え込んでいます。早朝、目が覚めると寝室の気温は3度。断熱材がまったく入っていない家なので夏は暑く、冬は寒いです。野外ではバケツの水が凍っていますから、これでも外よりは暖かい!

  12月27日はあられが降り、28日朝はぼたん雪で庭は真っ白になっていました。真冬でも数種類のバラが少しだけ咲いています。右のサイドバーに雪の朝という写真アルバムをつくりましたのでよかったらご覧ください。挿し木したバラもありますので、来年のシーズンを楽しみに1月はつるバラの手入れをします。

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.27

Tempête Dirk : Morlaix les pieds dans l’eau モルレーの洪水

  昨日、AFPBB NewsでMorlaix モルレーが洪水というニュースを見て非常に驚いた。なぜならつい数日前にLes 150 ans du viaduc de Morlaix モルレー高架橋150周年のおめでたい話題を書いたばかりだったからだ。華やかなイベントが行われていたその場所が大雨で浸水し、数え切れないほどの車が水没している。Quimperle カンペルレでは中心部を流れる川岸に建つ家が壁をもがれ、無残な姿となっている。

  ブルターニュ、モルレーで洪水
  ブルターニュ、カンペルレで家が崩壊
  ブルターニュをはじめフランス各地、欧州に被害をもたらした冬の嵐

  日本では台風シーズンは夏から秋にかけてだが、欧州では冬に暴風雨が激しくなる。とはいえ家族がもっとも待ち望むクリスマスに大規模な洪水と停電が起きてしまった。どこも自分の足で歩きよく知っている場所だけに悲しいニュースだ。

  Tempête. De nombreuses routes toujours inondées  Ouest France

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.26

NHKラジオ まいにちフランス語 ようこそレンヌへ

09113012013

  本屋でフランス語コーナーに立ち寄りました。NHK ラジオ まいにちフランス語 2014年 01月号を手に取り中身をながめてみると、初級編の冒頭は主人公の百合さんがブルターニュ、Rennes レンヌ駅に到着する場面でした。さくらとジュリアンが駅まで迎えに来てくれています。放送は2014/01/07から始まり。月~金曜日 午前7:30~7:45 再放送:月~金曜日 午後2:30~2:45です。

  Bienvenue à Rennes! ようこそレンヌへ。レンヌはIlle-et-Vilaine イル=エ=ヴィレーヌ県の県庁所在地でパリからブルターニュへの入り口にあたります。パリのGare Montparnasse モンパルナス駅からTGVで2時間で到着。シャルルドゴール空港から直接TGVで移動することも可能です。鉄道の駅は旧市街の南にありますので、メトロに2駅乗って、Républiqueで降りると便利です。メトロの路線図はこちら

  このブログの検索にレンヌと入れてみたのですが、数百件出てきました。毎日のようにレンヌのことを書いていたのですから当たり前ですが・・・レンヌのホテルについてもこれから書く予定です。


     < 関連エントリー >

  ブルターニュってどこにあるの?
  レンヌでの住宅探しは大変です!

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.24

Les santons de Bretagne ブルターニュのサントン人形


TF1 Le 10 déc. 2012

  それぞれの家庭ではクリスマスにむけてCrèche クレッシュをつくります。キリスト誕生の様子を再現したもので、les Santons サントン人形は毎年買い足してゆきます。友人宅では子供たちへのクリスマスプレゼントにサントン人形を贈っていました。キリスト教徒にとって、クリスマスはキリスト誕生を祝う特別な日。子供たちがクリスマスプレゼントにサントン人形をもらうことはとてもうれしいことなのです。

  サントン人形を飾る習慣は南仏プロヴァンスからはじまったらしいのですが、現在ではフランスの各地方でそれぞれ特色がある人形がつくられています。上のビデオは昨年テレビ局TF1のニュースで放送されたものでブルターニュのさまざまなサントン人形が紹介されています。つくっている工程も紹介されているのでご覧ください。


      < 関連エントリー >

  サントン人形 レンヌのショーウィンドーに飾られたサントン人形
  サントン人形の飾り方


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.23

Les 150 ans du viaduc de Morlaix モルレー高架橋150周年


Morlaix. Pleins feux sur le viaduc pour ses 150... 投稿者 Letelegramme

  ブルターニュの北海岸に位置するMorlaix モルレー。この高架橋は街の中心部にかかっているのですっかり風景に溶け込んでいる。1861年パリからレンヌを経由してブレストまで伸びる鉄道用に工事が始まり1863年12月11日に完成。今年でちょうど150周年となったのだ。

  12月21日の夜、この高架橋を舞台に30分間の華やかなスペクタクルが繰り広げられた。レーザーと花火、そして味のあるナレーションはブルターニュを代表する語り手でもあり歌手でもあるPatrik Ewen氏である。

  Viaduc. 150 ans qu'il surplombe la ville Le Télégramme

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.21

Prière 祈り

St_samson
Chapelle St-Samson Pay d'Iroise

  教会や礼拝堂は祈りの場であるが、都市にある大聖堂は世界中からやってきた観光客が列をなしてごった返しているのが現状。ゆっくり座ってもの思いにふけるような雰囲気ではない。それは今にかぎったことではなく中世も同じで巡礼者たちがひっきりなしに訪れていたのだ。

  そのため修道士たちは人里はなれた修道院やあたりに何もない海辺の礼拝堂などで祈っていた。ちょうどこのような礼拝堂だったのだろう。今でこそ道路があって車で移動できるが、ここでは潮騒の音しか聞えない。荒々しい北の海が見えるだけだ。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.19

Tramway de Brest ブレストの路面電車

Tram

  2012年6月に開通したBrest ブレストのTramway 路面電車です。現在は1車線ですが、工事は続行されていて、市内の中心部はいたるところで渋滞になっていました。ブレストでは1898年から1944年までTramwayが利用されていましたが、第二次大戦中の爆撃で路線がずたずたになりそれ以降はバスに切り替わっていたのです。

  フランスでは、19世紀後半から20世紀前半に多くの都市でTramway 路面電車が採用されていました。それが衰退した要因として戦争で都市が破壊されたことや自動車の発達、バスの技術的進歩などがあげられます。しかし1970年代に都市域の道路混雑への対処として、公共交通の充実が再考されるようになりました。

  1975年、フランス政府は8都市(ボルドー、グルノーブル、ニース、ルーアン、ストラスブール、トゥールーズ、ナンシー、ツーロン)でのTramwayの新規開業を策定しました。まずナントで1985年にTramwayが開通しました。その後もTramwayは人気が高く現在では27都市で運行されています。

   ブレストの路面電車を設計したのはリヨンのデザイン事務所Avant-Première Design Graphiqueです。同社はブレストだけではなくニースのトラム車両や高速列車TGV、ほかにはパリのメトロ車両などのデザインも手がけています。こちらがそのTramway de Brestの説明です。

  外観と内部の座席に用いられている緑色はAnis vert アニス(香辛料に用いられる)色で、ネイビーブルーとラズベリーレッドがアクセント。この色はブレスト市民の投票で選ばれたそうです。また乗り心地を考慮して幅の広いシートになっていますし、脇の棚にはノートパソコンなどを置けるようにしているのだそうです。横長の大きな窓や昼と夜で変化する照明を採用。手すりは船上で用いられるロープ結びをデザインするなどしてブレストらしさをだしています。私も乗ってみましたが、ステップが低いので乗り降りするのも楽で快適でした。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.18

美しき村 Le Faou ル・ファウ

Faou

  1982年に創立されたLes plus beaux villages de France フランスの最も美しい村々、2013年は156の村々が選ばれているが、そのうちブルターニュには5つの村がある。

Le Faou ( Finistère )、 Locronan ( Finistère )、 Moncontour ( Côtes d'Armor )、 Rochefort-en-Terre (Morbihan )、 Saint-Suliac ( Ile et Vilaine )

  Faou1
  これまで行ったことがなかった唯一の村Le Faou ル・ファウに立ち寄った。ここはPetite cité de caractère 特色ある小さな町にも選ばれている。このような16世紀の家々が立ち並んでいるので、駐車して地図を確認したらLe Faou ル・ファウだったというわけだ。すぐそばに同じく16世紀の教会も建っている。あいにくガイドブックを持ち合わせていなかったし急いでいたので、メインの街並みを眺めただけだが、これだけまとまって残っているのは貴重だ。もう一度行くことがあれば周遊コースにしたがって歩いてみたいと思う。

  同じ美しい村々のLocronan ロクロナンやRochefort-en-Terre ロッシュフォール・アン・テールはなかば観光地化しているが、Le Faou ル・ファウやSaint-Suliac サン・シュリアックは、特に珍しい店が並んでいるわけでもなくひなびた古い家が残っているだけだ。建築に興味があるなら別だが、日本人がわざわざ観光に訪れても見る場所もなかったと、記憶には残らない村なのかもしれない。


  「フランスの美しい村」 全踏破の旅
  フランスの「美しい村」を訪ねて―パリから出かける小旅行 (角川oneテーマ21)
  フランスの美しき村―コンプリート・ガイドブック
  フランスの美しい バラの村、スミレの村


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.13

Cartier - Conte de Noël 2013 カルティエ、クリスマス物語

 フランスのジュエリーや高級時計のブランド、Cartier カルティエが2013年のクリスマスシーズンにむけて制作したConte de Noël クリスマス物語です。パンテール(豹)とカルティエのページボーイが1920年代のパリの街を巡ります。この冒頭で出てくる車はフランスの自動車メーカーUNIC ユニックのデリバリーバン。カルティエが実際に配送で用いていた車だそうです。

  しんしんと雪が舞うパリの夜景が情緒たっぷりに描かれています。パンテールの動作や表情が愛らしく思わず見入ってしまいます。そしてクリスマスツリーの下に並べられたプレゼントはカルティエの宝石と時計の数々。庶民にはまさに夢の世界ですね。この作品のアニメーションや監督を務めたのはパリ出身のBibo Bergeron ビボ・バージェロンさん。ここ数年注目されているアニメーターです。


  昨年3月4日に世界で同時発表されたL'Odyssée de Cartier カルティエのオデッセイは冒険がテーマで、実に2年の歳月をかけて制作されたもの。夜のショーウィンドウに飾られていたのはダイヤモンドをちりばめたきらびやかなパンテール。それが本物の豹に変化し壮大な冒険の旅が始まります。フランスから厳寒のロシア、中国の万里の長城と黄金のドラゴン、インドでは財宝にうずもれた宮殿をかけぬけ、最後はパリにもどります。実際のロケはマッターホルンのイタリア側の町、セルビニア、スペインのアラゴン砂漠、そしてパリのグラン・パレ、ヴァンドーム広場などで行なわれたそうです。

  3分30秒の短いCMにかかった費用は何と400万ユーロ。日本円では5億円以上にもなります。これは同社の宣伝費の5-10%にあたる額です。CMはフランスのほか、29か国で放映されました。それではじっくりご覧ください。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.12

Chevaux de la côte en Bretagne ブルターニュの海岸で馬の放し飼い

Coteporsall
Argenton en LANDUNVEZ, BRETAGNE

  ブルターニュの北西部、Portsall ポルサルからさらに西に向かって海岸線をひとりでドライブした。数キロ進むと、そこに思いがけない光景が広がっていた。馬たちが海風にたてがみをなびかせながら、草をはんでいるのだ。思わず車をとめて近づいた。鼻息がかかりそうなくらいすぐ近くまで近寄ってもこちらを見ることもなく、ずっと草をはんでいる。総数で50頭、いやもっと多かったかもしれない。子馬たちもすぐ横に寄り添っている。

Coteporsall1

  馬の種類はよくわからないが、体つきはがっしりしていて首も太い。農耕馬としても活躍してくれそうに感じた。ブルターニュの海岸線は人間も立っていられないほどの強風がふくので、これくらいどっしりしていないと馬だって大変だろう。中には満腹したのか、まぶたを閉じてたぶん寝ている馬もいた。ほら。寝てる! この日は予定をたてていなかったので、一時間ほど馬たちと一緒にいた。静かな午後のひと時だった。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.02

Pub Orangina オランジーナのCM

  フランスのポピュラーな清涼飲料水、Orangina オランジーナ。日本で発売されはじめて1年あまりになりますが、日本の製造発売元であるサントリー食品インターナショナルが想定していた数字をはるかに超える大ヒットとなっています。フランス本国では炭酸が強く、果肉がたくさん入っていますが、日本では炭酸がまろやかで甘いのです。ラベルにフランス国旗がプリントされているのも独自のアイデアです。

  日本ではリチャード・ギアが「男はつらいよ」の「車寅次郎」をモデルとしたキャラクターにふんしたCMが流れていますね。このCMもインパクトが強かったのですが、フランスのCMは擬人化した動物シリーズなのです。来年の干支、馬のCMを選んでみましたが、日本とは異なるユーモアのセンス、どう思いますか?

  こちらはOrangina オランジーナが公開している「つかいにくいフランス語講座」の第1回目です。毎回ひとつだけフランス語の文章を紹介しています。はじめにフランス語の綴りが出てきて、日本語の意味も説明してくれます。30秒ほどの短いものですのでご覧ください。現在は13回目まで更新されていますよ。ところで、この発音なのですが、私には独特のくせがあるように感じられます。フランス語の発音に詳しい方、ご存知でしたら教えてくれませんか。

  Orangina オランジーナのホームページ

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »