« Bretagne club, Galerie de Photos ブルターニュの写真ギャラリー | トップページ | 熊本地震のお見舞い »

2016.03.17

日本みつばちの蜂蜜と花粉症

Hati

  花の周りを飛び回るみつばちの羽音がにぎやかになってきました。飼いはじめたばかりのころは近くを飛んでいると逃げ腰になっていたのですが、今ではすぐ横にいても平気です。というよりむしろ心地よい響きといえます。

  そのはじまりは2012年でした。たまたま知り合った養蜂家の方から日本みつばちの巣箱をゆずっていただき庭で飼育をはじめたのです。そのときの様子は日本みつばちとローズガーデンでどうぞ。みつばちのために一年中できるだけたくさんの花が咲くように心がけていますし、中世の修道院に植えられていたハーブ類もたくさん植えました。(上記の写真は大根の花です。せっせと受粉してくれるおかげで種ができ、種まきせずに野菜や花が芽生えてきます)

  日本みつばちは西洋みつばちと異なり、巣箱は同じ場所に固定し蜂蜜の採取は1年越しです。毎年ゴールデンウイークのころ、群れが巣箱を出て新しい巣を探す、分蜂がはじまります。昨年はひとつの巣から5つの群れが巣立ちました。それを見張っていて新しい巣箱に移します。しかし、新しい巣箱が気に入らないといつの間にか脱走してしまうのです。ですから巣箱の数は増えたり減ったりしますし、スムシという虫が繁殖してしまうこともありました。

  日本みつばちの蜂蜜は1年かけて採取します。2013年に蜂蜜が採取できたのですが、2014年はほとんど採れませんでした。でも2015年には良質の蜂蜜がどっさり採取できました。それを加熱せず、ビンにつめて保存しています。百貨店や蜂蜜専門店を訪ね話を聞きました。ごくわずかの店舗で日本みつばちの蜂蜜も売られていましたが、非加熱の蜂蜜は販売していないそうです。日本みつばちの蜂蜜には花粉やローヤルゼリーも含まれており、これまで食べたことのない味です。バラの季節が終わってまもなく採取しましたので、バラの残り香も感じられるような気がします。

  1年間、この蜂蜜を食べ続けています。食べ方にも気をつけていることがありますが、最近身体にうれしい変化が生まれました。私は20年来ひどい花粉症に悩まされてきたのです。ところが今年はまったく病院に行かずに過ごしています。くしゃみは出るものの鼻水や目のかゆみはほとんどないのです。うそのような本当の話です。それが蜂蜜のおかげだと断定はできませんが、花粉症のつらさから開放されたことだけは事実です。次回は食べるときの注意点をお話しようと思います。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ  


  


|

« Bretagne club, Galerie de Photos ブルターニュの写真ギャラリー | トップページ | 熊本地震のお見舞い »

ガーデニング 」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
過去の記事へコメントさせていただきました。

私事で恐縮なのですが
主人が市條さんの2006.09.04のブログにあるアニサキスアレルギーになりました。

市條さんのグルメ記事では魚介を堪能されていらっしゃるので、どのようなコツというか注意をされて食してらっしゃるのか、ご教授を頂ければと思い書き込みました。

食の前にお薬とかを飲んでいらっしゃるのでしょうか?
体質の改善等で克服されたのでしょうか?

ご迷惑でなければ、是非ご返信よろしくお願い致します。

因みに主人はレベル6段階中の5と診断されました。

投稿: waraby | 2018.04.05 13:53

市絛さま
申し訳ありません。
お名前の字を間違えてしまいました。
失礼をお許しください。

投稿: waraby | 2018.04.05 13:59

warabyさま。

返信が遅くなってすみません。私はずっとイワシアレルギーだと思っていましたのでイワシは食べませんでした。でもたまにかゆみが出て病院でヒスタミン薬と塗り薬をもらったことはありました。それはアニサキスの入った練り物などを食べたためだったのかもしれません。入院した時はストレスなどで抵抗力が低下していて肝臓機能が弱っていたと考えられます。

でも魚は好きなので何でも食べています。薬は一切なしです。「もし湿疹が出たらヒスタミン薬をもらおう」と考えていますが、ここ数年は反応はありません。体全体の抵抗力が上がったのかもしれません。

投稿: 市絛三紗 | 2018.04.15 19:24

市絛さま

ご返信ありがとうございます。
凄いです。
薬を飲まないで美味しく食されているのですね。

主人は大学病院のアレルギー外来でアニサキスのIgEという抗体の数値が57でした。

「先生はまず数値は下がらないでしょうし、治らないでしょう。」と言われて落胆してました。

しかし他の方のブログで数値が下がっていると情報を頂き、それにも増して市絛さんは通常に食されているとのこと、大変勇気づけられました。

暫くは我慢ですが、他の内臓を健康にして体力等をつければ治る見込みがあると感じました。

投稿: waraby | 2018.04.18 13:06

warabyさま

反応が出にくくなることはあってもアレルギーは完治ということはないと思います。アニサキスのいない魚ならいくら食べても大丈夫です。魚を食べたいなら、自分で調理すれば良いのではないでしょうか。

投稿: 市絛三紗 | 2018.04.24 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Bretagne club, Galerie de Photos ブルターニュの写真ギャラリー | トップページ | 熊本地震のお見舞い »