« Le Barzaz-Breiz バルザス・ブレイス 翻訳本 | トップページ | ブルターニュのかけがえのない宝、盗難にあう »

2018.03.12

Exposition « Parlons du breton !»  展示会 ブレイス語を話そう

Parlonsdubreton

 この本は2001年の12月から2002年4月までレンヌのMusée de Bretagneで開催されていたExpositionのために出版されたものです。右上のCDはこの本を購入した人が引換券を持っていくともらえたものです。さすがにもう手に入らないだろうと思っていましたが、フランスのアマゾンでまだ購入できます。リンクはこちら→Parlons du breton ! 


   展示会は非常に大規模で見応えがありました。言語がテーマなので会場内のいたるところに仕掛けられたスピーカーから話し声が流れて来る斬新な企画でした。モニター画面に映し出されるのはブレイス語のニュース、アニメ、演劇など多彩な内容。
 さらに進んでゆくと木立があらわれました。そしてそれぞれの木の幹に耳を当てると歌が聴こえ、私は長い時間このコーナーから立ち去ることができませんでした。「森の文化・ケルト」にふさわしい演出でした。

Villemarque

 この肖像画はLe Barzaz-Breiz バルザス・ブレイスを出版したThéodore Hersart de la Villemarquéテオドール・エルサール・ド・ラ・ヴィルマルケです。展示会場でもQuerelle du Barzaz Breizバルザス・ブレイス大論争についてコーナーが設けられ詳しく説明されていました。

 

  < 関連エントリー >

 Le Barzaz-Breizバルザス・ブレイス ブレイス語のCD

 

|

« Le Barzaz-Breiz バルザス・ブレイス 翻訳本 | トップページ | ブルターニュのかけがえのない宝、盗難にあう »

Bretagne 情報 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Le Barzaz-Breiz バルザス・ブレイス 翻訳本 | トップページ | ブルターニュのかけがえのない宝、盗難にあう »