カテゴリー「文化・芸術」の記事

2015.10.04

Le livre d'heures de Jeanne de France ジャンヌ・ド・フランスの時祷書


Le livre d'heures de Jeanne de France 投稿者 azentis
  
  これまで様々なLe livre d'heures 時祷書を見てきたが、この写本のことは全く知らなかった。ビデオを見て驚いたのはそのサイズだ。手のひらにすっぽりおさまるほどの大きさ(108 x 76 mm)なのにこれほど細かな装飾がほどこされたものは記憶にない。それにとても分厚く、336枚もの羊皮紙が用いられているのだ。ビデオでも紹介されているが、植物や動物の描写はとても愛らしい。

  時祷書の持ち主であるJeanne de France ジャンヌ・ド・フランス (1435-1482)とはいったい誰なのだろうと調べてみた。すると彼女の父親はフランス王 Charles VII シャルル7世だった。英仏百年戦争の末期、Jeanne d'Arc ジャンヌ・ダルクの働きなどでイングランド軍を撃破しランスで戴冠した王である。シャルル7世には子供が12人いてジャンヌ・ド・フランスは第7子で四女だった。 ジャンヌ・ダルクは1431年に処刑されているので、ふたりの間に面識はないとわかった。

  この時祷書は1452年ジャンヌ・ド・フランスの結婚にあたり父親であるシャルル7世がつくらせたようだ。手の込んだものなので、制作にどれほど時間がかかったのだろうかと想像がふくらむ。500年以上がすぎているとは思えないほど非常に美しい。

  ビデオで紹介されていたネコ科の動物、ジュネットについて調べてみたのだが、説がいろいろあってもしかすると実在しない動物なのかもしれない。パソコンの前で中世の暮らしをあれこれ考えたが、描かれている以上何らかの意味があったはずだ。それとも作者のただの遊び心なのだろうか。こちらの妄想も広がるばかりだ。

   ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0)

2015.07.03

Gauguin et l'École de Pont-Aven ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち

Gauguinexpo

  岩手県文化振興事業団創立30周年記念事業 Gauguin et l'École de Pont-Aven 「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」が現在、岩手県立美術館で開催されています。Paul Gauguin ポール・ゴーギャンといえば南仏でゴッホと共同生活を送っていたこと、あるいはタヒチをイメージするかもしれませんが、その前に画家として活動していたのは、フランス・ブルターニュ地方の Pont-Aven ポン=タヴァンだったのです。

  今回の作品展では、日本初公開のゴーギャン作品5点をはじめ、ポン=タヴァンで一緒だったポール・セリュジエやエミール・ベルナールなど、あまり日本では紹介されることのなかったポン=タヴァン派の作品70点が展示されています。

  岩手県立美術館 「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展」


  ブルターニュのPont-Aven ポン=タヴァンでは川に沿ってレストランやギャラリーなどが軒を並べ、かつてゴーギャンがながめていたであろう風景がそのまま残っています。橋を渡ってから高台に登ってゆくと黄色いキリスト像があるLa chapelle de Trémalo トレマロ礼拝堂もあります。上り口には小さな看板しかありませんから注意が必要です。私は車で礼拝堂まで行きましたが、そうとう急勾配の坂ですので徒歩でゆくと1時間くらいかかるかもしれません。
  
  黄色いキリスト
  ブルターニュでGauguinの足跡を訪ねる
  


   ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0)

2015.01.24

スミソニアン博物館のデジタル画像

Fsfscgr7807781_04_640x479

  アメリカ、スミソニアン博物館が、所蔵品を撮影したデジタル画像ギャラリーを公開しています。その数4万点以上で、私的用途であれば無償でダウンロード、再利用が可能です。PCやタブレット、スマートフォン、さらに Gmail、Twitter、Facebook 用のサイズなどが選べます。

  内容は中東からアジア地域を中心とした歴史的資料です。日本のものも多く、絵画、絵巻物、屏風、陶磁器など幅広いジャンルがあります。さっそく1枚ダウンロードさせてもらいました。上記の作者は葛飾北斎の門人の柳川 重信 Yanagawa Shigenobu, Japanese, 1787 - 1832 です。

  Smithsonian's museums of Asian art


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0)

2014.06.20

90e anniversaire du partenariat culturel franco-japonais 日仏文化協力90周年

  2014年は日仏文化協力が始まって90周年となる節目の年です。一年を通して様々なジャンルの催しが行われており、先日紹介したFestival du Film Français au Japon フランス映画祭もそのプログラムのひとつです。現在開催されているものをいくつか抜粋してみました。詳しいプログラムはこちらからダウンロードできます。

・ヌーフリーズOBC庵 2013年11月~2014年末|京都 パレ・ド・トーキョーと京都銀閣慈照寺の芸術創作ラボ 日本文化の基底をなす「引き算」の美学をめぐって、2つの芸術創作の場、パレ・ド・トーキョーのアート・ラボと銀閣慈照寺道場が交流します。

・『シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア』 
2014年3月20日(木)- 6月16日(月)|島根 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界。

・『フランス印象派の陶磁器 ― ジャポニスムの成熟』展
2014年4月5日(土)~ 6月22日(日)|東京

・『ポリフィーロの夢』展 ニコラ・ビュフ
2014年4月19日(土)~ 6月19日(金)|東京
美術館の各展示空間を移動する一連の旅のように構想され、古典から現代までの文化が交じり合い、一つになる世界へと私たちは導かれます。多様化された表現の中で過去と現在が対話し、日本の漫画やアニメの様々な影響が凝縮されています。

・『ジャン・フォートリエ』展
2014年5月24日(土)~ 6月13日(金)|東京ステーションギャラリー 2014年7 月20日(日)~ 9 月15日(月)|豊田市立美術館 2014年9 月27 日(土)~12月7 日(日)|大阪、国立国際美術館 に巡回

・横浜フランス月間
2014年6月1日(日)~7月15日(日)|横浜
2005年に横浜市の主導により始まった横浜フランス月間は、日本で唯一のフランス文化、美食の祭典です。

・『デュフィ』展
2014年6月7日(土)~ 7月27日(金)| Bunkamura
20世紀フランスが誇る色彩画家の本格的大回顧展!

・『冷たい炎の画家-ヴァロットン』展
2014年6月14日(土)~ 9月23日(火・祝)| 三菱一号館美術館
日 本初のヴァロットンの回顧展です。オルセー美術館およびフェリックス・ヴァロットン財団 の監修による国際レベルの展覧会として、グラン・パレ(仏・パリ)、ゴッホ美術館(蘭・アムステルダム) を巡回。そして2014年という日本・スイス国交樹立150周年の記念すべき年に、当館において開催します。

・フィリップ・ドゥクフレ 『パノラマ』
2014年6月| 東京・埼玉・まつもと市・北九州市・びわ湖
大人も子どもも虜にするアクロバットとダンスのファンタジー。 不思議の国のスペクタクル!

・音楽の日
2014年6月15日(土)| 名古屋、2014年6月21日(土)| 東京、札幌

・横浜フランスアニメーション映画祭2013
2014年 6月29日(日)~7月5日(土)|横浜
フランスは、ヨーロッパ1位、世界3位(アメリカと日本に続いて)のアニメーション映画の生産国です。日本ではまだフランスのアニメーション産業の活動がよ く知られていません。2008 年に始まったこの映画祭は、上映だけでなく、日本やフランスのアーティストや評論家をゲストに迎えたトークショーなども行われています。

・第22 回 フランス映画祭
2014年6月27日(金)~ 30日(月)|東京・関西・福岡・札幌
日本での映画の人気は高く、観客動員数では世界第3位を誇ります。フランス映画祭では、有名俳優や監督の代表団を迎え、毎年最新のフランス映画を日本の公開に先駆けて紹介しています。2012 年からは、東京以外の都市でも開催しています。

・『変化する世界と日仏関係の未来』についての文化サミット
2014年6月28日(土)~29日(日)|東京
日仏文化協力90周年を祝う文化サミットが、日仏会館との共催で、2014年6月28日29日に、各界の第一線で活躍する日本とフランスの30余名のパネリストを招いて開催されます。


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0)

2014.02.13

カーリングストーンの故郷 スコットランドAilsa Craig島

  「氷上のチェス」とも呼ばれているCurling カーリングは15世紀にスコットランドで発祥したとされている。スコットランドではそれ以降も野外で盛んに行われていたようだが、スポーツとしてのルールは19世紀はじめにカナダで確立した。カナダにはスコットランドランドからの移民が多く暮らしているからだ。
  
  ソチの冬季オリンピックをはじめ国際大会で使用されているカーリングストーンは1個約20kg。1チームが8個を使用するのでカーリング競技を行うためには16個が必要だ。これをいちいちスーツケースに入れて持ち運ぶのは容易ではないので、競技会場で用意されたものを用いている。

  このカーリングストーンにはスコットランドのAilsa Craig アルサクレイグ島特産の密度の高い花崗岩が主に用いられている。周囲3kmほどの小さな島なので自然環境を守るため採掘は20年に一度しか行われないという。そのためカーリングストーンは1個が10万円と非常に高価だが、100年以上使用できるらしい。

  ところでAilsa Craig アルサクレイグ島(アルサクレッグ島、エイルサクレイグ島)はスコットランド西部Firth of Clyde クライド湾に位置する。島の西には北アイルランドがあり、ケルト文化圏の真っ只中にあることがわかる。Gaelic ゲール語Aillse Creagはfairy rock 「妖精の岩」を意味するというのも興味深い。別名Creag Ealasaid 「エリザベスの島」。それからこの島はニシツノメドリ、Puffin パフィンの生息地でもあるらしい。ブルターニュ沿岸の島でもこのユーモラスな鳥を見ることができるようなのだが、まだ実際に見たことがないのであこがれはつのるばかりだ。


  公益社団法人 日本カーリング協会
  Ailsa Craig Trip 島を観光したいかたはこちらをどうぞ。 パフィンの写真あり。

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

   にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.29

多言語で書くクリスマスカード

  FacebookのCelticコミュニティーで、ケルト語派の言語で「クリスマスと新年おめでとう」をまとめてくれていました。こうやって並べてみるととても似ていますね。下に英語とフランス語も書き加えておきました。クリスマスカードを書くときの参考にしてください。

Want to add some Celtic to your Christmas cards?

Scottish Gaelic: Nollaig Chridheil agus Bliadhna Mhath Ùr!

Irish: Nollaig Shona agus Athbhlian faoi Mhaise Duit! (addressing one person);
Nollaig Shona agus Athbhlian faoi Mhaise Daoibh! (addressing more than one person)

Manx: Nollick Ghennal as Blein Vie Noa!

Welsh: Nadolig Llawen a Blwyddyn Newydd Dda!

Cornish: Nadelik Lowen ha Bledhen Nowyth Da!

Breton: Nedeleg Laouen ha Bloavezh Mat!


English:Merry Christmas and Happy New Year

French:Joyeux Noël et Bonne Année


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。Je participe à un classement. Cliquez une fois par jour sur le bouton ci-dessous, s'il vous plaît.

    ↓↓↓

  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.10

6人の日本人アーティスト、ブルターニュを描く

  ブルターニュにはLes Petites Cités de Caractèreと呼ばれる22の小さな町があります。人口6000人以下でまた行きたいと思わせるような魅力にあふれた個性的なところばかりです。これまでに紹介してきたものを下のリストにリンクしておきました。

Les Petites Cités de Caractère en bretagne

Bécherel, Châteaugiron, Châtelaudren, Combourg, Josselin, Jugon-Les-Lacs, La Roche-Bernard, Léhon, Locronan, Moncontour-de-Bretagne, Pont-Croix, Pontrieux, Quintin, Rochefort-en-Terre, Roscoff, Tréguier,Bazouges-la-Pérouse, Guémené-sur-Scorff, Guerlesquin, La Roche-Derrien, Le Faou, Malestroit.

  今年の夏、6人の日本人アーティストがこれらの町を描くために招待されました。2005年から1年おきに実施している"L'Art dans les Cités"というプロジェクトで異なる国のアーティストがそれぞれの町に滞在し作品を制作するのです。上記の協会が渡航費と6週間の滞在費を負担してくれます。選ばれたのは京都精華大学の大学院生と卒業生4名、画家、水沼徹さんと寺岡黙さん。寺岡さんがもくの細道で実際の活動状況を書いていますが、非常に楽しそう!出来上がった作品はとてもパワーを感じます。

  2012年はブルターニュ各地で大規模な日本展が開催されています。たとえばSaint-Brieucの展示は想像以上に多彩です。漫画やアニメから日本に興味を抱いた人たちがさらに文化や歴史に関心を持ってくれたらうれしいですね。


L'art dans les cités accueille deux artistes japonais - Malestroit jeudi 26 juillet 2012 Ouest france

Des artistes japonaises en Bretagne
Artistes japonais en petites cités de caractères, Bretagne


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.31

ブルターニュの日本展 Bretagne-Japon 2012

Bretagnejapon2012

  2012年、ブルターニュでは大規模な日本展が開催されています。以下にあげた12の美術館で、日本および日本美術の影響を受けたブルターニュのアーティストたちの展覧会が開催されているのです。ほかにもシンポジウム、コンサートなど、もりだくさんな内容になっています。詳しい内容についてはこちらで紹介しきれませんのでBretagne-Japon 2012をご覧ください。


Musée des Beaux-arts de Brest :

- « Brest-Japon. Trésors des collections du musée »

- « La vague japoniste »


Musée de la Pêche de Concarneau :

- « Gyotaku, l’art de l’empreinte »


Musée Yvonne Jean-Haffen – Maison d’artiste de La Grande Vigne de Dinan :

- « Le Japon dans la correspondance de Mathurin Méheut »


Port-Musée de Douarnenez :

- « Le voyage de Francis Hennequin au Japon, un photographe de Douarnenez au pays du Soleil Levant »


Musée Mathurin Méheut de Lamballe :

- « Empreintes d’un voyage au Japon »


Musée de la Compagnie des Indes de la Ville de Lorient :

- « Odyssée de l’Imari », exposition présentée hors-les-murs à l'Hôtel Gabriel, Enclos du port


Musée de Morlaix :

- « Monet, Geffroy, Rodin, et le cercle des japonisants »


Musée des Beaux-arts de Quimper :

- « L’arbre et la forêt, du Pays du Soleil Levant au Bois d’amour »


Musée Départemental Breton :

- « La gravure sur bois en couleurs. Japon-Paris-Bretagne, 1880-1930 »


Musée des Beaux-arts de Rennes :

- « Nostalgie du Soleil levant, le goût pour l’art japonais »


Musée de Bretagne (Champs Libres) :

- « Champs contre Champs »

- « Docs en stock au musée »

- Conférence sur la restauration des œuvres en France et au Japon


Musée d’Art et d’Histoire de la ville de Saint-Brieuc :

- « Henri Rivière, les détours du chemin d’un japonisant en Côtes-d’Armor »


Les expositions

Depuis 2011 « Gyotaku, l’art de l’empreinte », Musée de la Pêche, Concarneau, du 17 juin 2011 au 30 septembre 2012.

Février « Henri Rivière, les détours du chemin d’un japonisant en Côtes-d’Armor »,
Musée d’Art et d’Histoire de la ville de Saint-Brieuc, du 9 février au 13 mai.

Mars « L’arbre et la forêt, du Pays du Soleil Levant au Bois d’amour », Musée des Beaux-arts de Quimper, du 2 mars au 28 mai.

« Brest-Japon. Trésors des collections du musée », Musée de Beaux-arts de Brest, du 28 mars au 15 juin.

Avril « Empreintes d’un voyage au Japon », Musée Mathurin Méheut, Lamballe, du 1er avril au 31 décembre.

Mai « Le voyage de Francis Hennequin au Japon, un photographe de Douarnenez au pays du Soleil Levant »,
Port-Musée de Douarnenez, du 12 mai au 30 juin.

« Le Japon dans la correspondance de Mathurin Méheut »,
Musée Yvonne Jean-Haffen – Maison d’artiste de La Grande Vigne, Dinan, du 16 mai au 30 septembre.

Juin « Nostalgie du Soleil levant, le goût pour l’art japonais », Musée des Beaux-arts de Rennes, du 6 juin au 26 août.

« Odyssée de l'Imari », Musée de la Compagnie des Indes, Lorient, exposition présentée hors-les-murs à l'Hôtel Gabriel, Enclos du port, du 9 juin au 2 septembre.

Juillet « La vague japoniste », Musée de Beaux-arts de Brest, du 4 juillet au 4 novembre.

Novembre « La gravure sur bois en couleurs. Japon-Paris-Bretagne, 1880-1930 », Musée Départemental Breton de Quimper,
du 30 novembre 2012 au 3 mars 2013

« Monet, Geffroy, Rodin, et le cercle des japonisants », Musée de Morlaix, automne 2012

  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

神戸ルミナリエ 希望の光

Luminarie2011

  阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と都市の復興・再生への夢と希望を託して開催されている『神戸ルミナリエ』は今年で17回目。はじめて自分の眼で見てきました。今年のテーマはLuci di speranza 希望の光だそうです。色とりどりの電球で彩色が施されていてまるで別世界に迷い込んだかのよう。

  教会のステンドグラスごしにさしこんでくる柔らかな光にも似て、そこにいるだけで穏やかな気持ちになりました。どんな時でも心には希望を抱いていたいものです。

Luminarie


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.30

ベルサイユ宮殿で開催予定 村上隆氏の展示会に非難の声

村上隆氏作品展に極右反発 仏ベルサイユ宮、デモも

 【パリ共同】パリ郊外の世界遺産ベルサイユ宮殿で9月に予定されている日本の現代芸術家、村上隆さん(48)の作品展に対し、フランスの極右や保守勢力などから、歴史遺産を冒涜するものだとの批判が噴出、作品展の中止を求める抗議デモや訴訟が準備されていることが分かった。フランス公共ラジオが28日伝えた。

 同宮殿は2008年から毎年、前衛芸術の最先端作家を紹介する作品展を開いており、村上さんは3人目。作品展の責任者ジャンジャック・エラゴン氏は「古い装飾の中に置かれる現代アートは人々の関心をそそる。これは知性への招待状なのだ」と作品展開催を擁護した。

 作品展では、村上さんがマンガなどから着想したオブジェなど約20作品が、ルイ14世の居室や第1次大戦の講和条約が結ばれた「鏡の間」などに展示される予定だが、インターネット上で「ベルサイユ、わが愛」を名乗る団体は「現代アートの挑発に反対する」と宣言、約3500人の賛同を集めた。サイトの主催者は作品展開幕の9月14日に宮殿前で抗議デモを予告している。 共同通信


  フランス人にとってのベルサイユ宮殿は日本でいえば江戸城や皇居にあたるだろうか。太陽王ルイ14世からルイ16世と王妃マリー・アントワネットの時代までフランス絶対王政の象徴的建造物であり、世界遺産に指定されている。フランス革命の混乱時に破壊が進んでいたが、近年当時の家具が買い戻され王室の暮らしぶりがよくわかるようになっている。

  村上隆氏の個展に反対している団体は現代アートというだけで反対しているのではない。彼の一部の作品が露骨な性表現をしているからだ。My Lonesome Cowboyは裸の男性が立ち、むき出しの男性器から精液が飛び散っているというもの。2008年にニューヨークで開かれたサザビーズのオークションで、1516万1000ドルで落札されているから知名度は高い。またHiroponは女性の乳房からミルク状の液体が噴出するという作品なのだ。

  フランスは予想外かもしれないが、カトリック信者が多いため保守的な考え方が根強く残っている。今回の個展ではこれらの作品は展示されないようだが、ベルサイユ宮殿を愛する人々にとっては品格がないとみなされたようだ。

  また«Union nationale des écrivains de France»フランス作家協会は「漫画」に対してもベルサイユ宮殿にはふさわしくないと述べている。この論議は2008年に開催されたアメリカ人アーティストJeff Koonsの展示会の時にすでにはじまっていた。

  村上隆氏の展示会に抗議する人々は署名をあつめ、14日にはデモも予定。非難の声はブルボン王家末裔をまきこみ加熱している。

    < 関連リンク >

  ロサンゼルスMOCA美術館での展示会(2007.10.29-2008.02.11)で 村上隆氏が英語で作品解説をしているビデオ
  村上隆氏、ベルサイユ宮殿での個展に抗議殺到
  Murakami Versailles 展示会概要 ベルサイユ宮殿の公式ホームページ

  開催前から議論を巻き起こす村上隆のヴェルサイユ宮殿での現代アート展 Rue89 Japon
   France: mobilisation croissante contre Murakami au château de Versailles Le Monde
  Murakami ne fait pas l'unanimité à Versailles Le Figaro


  ランキングに参加しています。一日一クリック、ご協力おねがいします。
    ↓↓↓
  にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧